脱毛サロンは医師法違反ってことでけっこう摘発されている事実

公開日: 

過去の判例からも、医師がいない脱毛サロンでの施術行為は医師法違反と判断されるようです。
実際、年に数回そういった事案で摘発がされていますね、調べてみると。

私もプロではないのではっきりとはいえませんが、
医師法では脱毛=組織の破壊行為であり、これは医師が行うべき行為、とされているみたいです。

でもじゃあなんでこれだけの美容脱毛サロンが多いのか、というと、
彼らは脱毛行為ではなく、減毛であるという主張が目立つように思えます。

実際、HPでは脱毛と言う言葉を使っていますが、
それは医師法でいうところの脱毛ではない、って感じですかね。

クリニックや法律的に言えば脱毛=永久脱毛、なんだと思いますが、
サロンの主張はそうではないみたいです。
もうこの辺がそもそも食い違っているのでどうしようもないですよね。

またどういう脱毛機を使うのがアウトで何がセーフなのか・・・
これについても私もよくわかりません。
クリニックで使うような機器で脱毛するのは間違いなくアウトでしょうけど、
それよりも出力が低いようなものを使えば大丈夫??なのかはニュース記事等を見ても判断しかねる部分でした。

それかもしかしたら複数の火傷の報告があった場合に初めて摘発に動くのかもしれませんね。
となると、問題が起きなければいいよって言っているようなものなので、その理論もどうかと思いますが・・・。

ま、はっきり言っちゃえば一番確実なのは医療クリニックです。
これが正真正銘の脱毛となるので、トラブルになることもないでしょう。
仮に火傷などしても、クリニックなのでその後の対応も安心できます。

尚、公益社団法人日本美容医療協会なる機関では、
「エステ脱毛は医師法違反だ!」なる声明も出していますね。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑